ピアノの森 登場人物 一ノ瀬

ピアノの森 主な登場人物

一ノ瀬 海(いちのせ かい)

本作の主人公。

通称・カイ。

天才的なピアノの才能を持つ少年。

幼い頃から特殊な森のピアノを弾いて育ったことにより、

その素養は磨かれて行った。


小学5年の折(物語開始時)にピアノの道を志す
同級生・雨宮と出会う。


同時期にピアノの元の持ち主である阿字野に偶然見出され、
成り行きでコンクールに出場。


会場を巻き込んで熱狂的な演奏を披露するが、結果的には
「コンクール」の趣旨には合わずに落選してしまった。


この経験によって「人前でピアノを聞かせる」ことの快感に
目覚めるカイだが、森のピアノはその苛烈な環境のために劣化して行き、次いで落雷により焼失してしまった。


ピアノの森 主な登場人物
失意に暮れるカイであったが、
その後行きがかりのホコ天ライブにて再度ピアノに触れ、
自らの生きるべき道=ピアノと共に生きることを再確認。



阿字野に弟子入りをし、
ピアノを生きて行く寄る辺とすることになる。


それから5年後、
ストリップ劇場(Pクラ)での女装してのバイトや旧友たちとの再会などを経てショパン・コンクールに挑戦することになる。
posted by ピアノ教室 at 00:09 | TrackBack(0) | ピアノの森

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。