ピアノの森 登場人物 雨宮

ピアノの森 主な登場人物

雨宮 修平(あまみや しゅうへい)

カイの親友であり、ライバル。ピアニストの家系に育ち、
幼少から英才教育を受ける。

第56回全日本ピアノコンクール・中部南地区本選で満点を取って全国大会に出場し、そこでも優勝を果たすが、カイのピアノの天賦の才を恐れた父の勧めもありオーストリアへと留学する。


数年後、留学中に偶然カイが演奏するピアノを聴き、自信を喪失するが、一時帰国してカイと再会することによって自らを取り戻した。


カイが純粋に「自分のピアノ(音)」を追求するのに対し、雨宮はあくまで「他人と比較した上での自分」を価値の基準としてしまう傾向がある

その為、雨宮はカイをライバル視しているものの、当のカイからは結果的に相手にされず、そのことがまた雨宮を苛立たせることとなっているようだ。


posted by ピアノ教室 at 00:14 | ピアノの森
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。