ピアノの森 登場人物一ノ瀬 他

ピアノの森 主な登場人物

一ノ瀬 怜子(いちのせ れいこ)

カイの母親。

生まれた時からの森の端の住人であり、

水商売で生計を立てている。

15歳の時にカイを産む。

父親不詳ということもあり、その事実は周囲(森の端の外の一般人)からは無責任、あるいはモラルに欠ける行為だと揶揄されているが、

カイと本人の間には深い愛情と信頼関係がある。

出身に関わらず純粋にカイの資質を評価する阿字野を信頼し、
カイを任せることになる。

ピアノの森 主な登場人物

雨宮 奈美恵(あまみや なみえ)

教育熱心な修平の母親。


ピアノの森 主な登場人物

雨宮 洋一郎(あまみや よういちろう)

修平の父親。
国内でも有名なピアニストであり、
その演奏は「癒しのピアノ」と呼ばれ一般に高い評価を受けている。

かつては同世代の阿字野の才能を恐れ、対抗心を抱いていたようだ。

その弟子となったカイの才能も高く評価し、同時に息子がカイの天才に潰されてしまうことを恐れている。

ピアノの森 主な登場人物

亜理沙(ありさ)

森の端で働く母親の居ない少女。

軽度の知的発達遅滞がある。

ベンちゃん "森の端"の便利屋。

ダルメシアンのてん丸と一緒に大型トラックで様々な荷物を

運ぶ仕事をしている。

年齢は怜子の5歳年下、カイの10歳年上。

カイの実の父親という噂も森の端でささやかれていたが、

真相は不明。
posted by ピアノ教室 at 16:39 | ピアノ教室
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。